FC2ブログ

ゼツボウクラブ

しんどい人間なんです。 どこからきて、どこにいくのかな・・・?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月になってたんやった・・・

昨日から9月が始まってたんや-(汗)

実は密かに9月は毎日ブログの更新できるかに挑戦しようと思ってたのに、うっかりしてた(笑)
まーワタシとはこんなもんですよ。

で、今日は久々に元パートナーから電話がありました。
それは、ワタシの幼馴染の男の子の訃報を知らせるためでした。
全く予想をしていなかった知らせに絶叫してしまいましたが、でもビックリしたけど仕方ないよな・・・と、すぐに気持ちを切り替えました。
確かに悲しいことではあります。
けど、もし怖がったりしたらその彼自身を怖がることになります。
シは誰にでも訪れます。
そんなことみんな当たり前に知っていますけど、シを知らない。
それを現実に知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。
ワタシは生きていることでシを思い知らされています。
だからこそ何時それが誰に訪れても何の不思議もないのです。

だけど世間はありえないことが起こったかのように騒ぎ倒します。
そして無駄に不安をあおって、悪意すら持ち出してそのシを特別なものにして現実逃避してしまいます。だからいつまでもシを怖がりながら、でも自分には訪れることはないという思い込みをどこかで正当化するために、ちゃんと医者に行って検査しなくちゃねーとか・・・。
あらぬほうへシの意味を求め、医者に責任転換して自らの生活や生死について考えようとはしません。

元パートナーはこの訃報をワタシに知らせるべきか悩んでいたそうです。
彼と生活していた頃の彼の中のワタシのイメージで想像してしまったんでしょうね。
ワタシが不安に駆られてしまうんじゃないかと躊躇したらしいです(笑)

なんで?
だってワタシしのうとしてたやん?
だから、シを怖がるわけないやん?

それよりも、そのことで不安になるより今日が如何に大切かってことを教えてくれたことに感謝すべきではないかな?
いつなにがあるか分からんって事を実感して生きていくことを幼馴染の彼が身をもって教えてくれたんじゃないかとワタシは思いたい。
無意味なシなど、この世にはないと思う。
そんな話を元パートナーにしました。

彼は少し安心したらしく、その後は日常生活の色んな話をしました。
なんだかウチの元身内らがワタシにではなく彼のほうに様々な探りのようなことをしているらしく、このことについても彼はワタシが怒るんじゃないかと心配している様子でした。
が、相手してもしんどいだけやし理由をつけて逃げたほうが良いよとアドバイスをしました。
なんか変でしょ?(笑)
でも、ワタシが元身内らに対する怒りを出しても彼のほうは、もう何も感じなくなったと言ってくれました。
ワタシはそのことで凄く安心しました。そしてそのことを直ぐに彼に伝えました。
一緒に生活しているときはあんなにも怒りをアラワにしてコダワッテイタ問題が、いつの間にか彼の中の問題としては重要ではなくなったということだと思うからです。
いろんな感情に気がつき始めてから彼にも少しずつ変化が訪れていることを見聞きしてワタシはホントにありがたいなーと思いました。

けどね・・・。
彼には下心があるからなんですよねー(笑)

いつかワタシとまた同じような生活がしたいという。

で、ワタシはきっぱりと、それはないと言いましたよ。
あるかも・・・ぐらい言ってくれと彼は言っていましたが、ワタシはもうほんとのことしか言わないと言いました。
残酷なように聞こえるかもしれないけど、これがワタシの誠意です。
少なくとも今の彼とは元には戻れない。
ワタシは元になんか戻りたくないし。
だからといって、完全に他人になるつもりも始めからないし。

じゃーどーしたいかっちゅうとー・・・
それぞれがまず自分を知ること。
そして、ちゃんと相手を見ること。
自分が見たい相手ではなく、見たくない相手の部分をちゃんと冷静に見れるようになること。
そこから新しい関係性を新しく作って行きたい。
夫婦とか恋人とか友人とか・・・そんなもので縛ることのない関係性を目指したいなーと。

でも俺はすきやーとか言ったので、そのすきが問題だとも言いました(笑)
だって、彼はまだワタシを知らないままだからです。
だから、その、すきについても今度じっくり話しようと言う事になりました。
そうしたら、その、すきの意味が分かるかもしれないよねーってことで。

なので、くどいようですが元に戻ることはありません。
なぜなら、元になんか戻りたくないからです。
過去に行くのはもーうんざりですもん。
どーせならここからは未来を楽しみたい。
彼が過去から手を離すことが出来れば、少なくとも楽しい日々が待っているとも思う。
ワタシはどこでもいつでも居場所も連絡も隠すつもりも無視するつもりも逃げるつもりもない。
男女の関係にコダワラナケレバ今まで以上に、いや・・・今までにない信頼が得られるのかも知れないのに・・・。

そういう話をあからさまに、躊躇せず話しあいました。

急には理解できなくても、ゆっくり一緒に話して考えていこうということで電話を終えました。

こんなことも離婚をしたからこそ出来るようになった。
そのことは彼も理解して納得もしてくれています。
ただ、まだ現実を受け入れられていないことで後回しにしてしまっている問題がいくつかあります。そのことが彼自身を苦しめてもいます。
辛くても、そのひとつひとつに向き合えるようになって、彼自身の人生が少しずつ楽になって行くことがワタシの今の望みでもあります。

誰かを苦しめてまで得る幸せなんてこの世にはないと思うから・・・。

と、言う意味では離婚をしても終わりってことはないんですよね。
これが始まりってほーがしっくり行くのかも・・・とか・・・。

やっぱワタシってヒドイのかな・・・(笑)

スポンサーサイト
  1. 2011/09/02(金) 23:02:59|
  2. 不思議な離婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大切にされるということ

何気なく話をしているうちに突然、重要なことに気づく瞬間がある。
今日もそんな体験をした。

元パートナーとの日常生活で巻き起こってしまった問題の原因は何だったんだろうか・・・。
お互いが相手のことを理解できなくなって行く過程に起きていたこと。
それは、ワタシが自分の気持ちを彼が理解してくれないから・・・ではなかったということ。
もっと言えば理解して欲しいなんてことすら思ってもいなかったと言う事。
相手の考えていることや、思っていることや、気持ちが理解できないのではなく、分からなくなってしまったことに不安を感じ始めてしまってたことからだった。

ワタシが子供の頃から人の顔色を見て自分を保っていたことに由来するのだと思う。
まず、人がどう思うかを聞いてから、自分の思いを決める。
どう感じているか? 怒っているのか? 笑っているのか・・・?
注意深く人を観察しながら、相手の気持ちばかりを成り立たせようと必死だったから、自分の気持ちなんて理解はおろか考えることすらない生活をずっとしてきてしまった。
もうこれは当たり前のことになってしまっていて、自分でも意識することなく、当然違和感も無い・・・。

ワタシ自身が無自覚だったから、彼にしてもそんな私に気づくはずもなく違和感もなく、二人にとってこの時点では何ら問題ではなかったかのように・・・。

そして生活を進めていく上で色んな問題にぶち当たる。
些細なことから、大きなことまで・・・。
いつもワタシが対処して解決させる。
一緒に考えるって事は、殆ど無かったような気がする。
日常生活においてはそれでも別に問題視するほどのことでも無かったのだけれど・・・。

問題になったのは・・・ココロの問題。

そんな生活に無理が出てきて精神的に限界を迎えてしまってた。
この事も自分のせいにしてしまって、どんどん壊れていく自分を持ちこたえることが出来なくなっていた。
そんな時も彼は同じスタンスで何事も無いように自分の生活を進めていく。
こんなにもワタシがギリギリになっていても、その変調に気づくことなく声をかけるでもなく、淡々と。

それでも、ワタシは自分を責め続けて、こんな自分じゃ駄目だって、ひとりで何とかしよう、嫌われたくない気持ちと不安にさせたくない気持ちと・・・相手の気持ちばっかり考えて、また自分を無視してしまう。
こんなことの繰り返しで、どんどんワタシの中でコントロールが出来なくなって、直接言葉にして聞くようになっていた。

何を考えているのか? どう思っているのか?
物理的な対応はしてくれるものの、それはワタシの混乱を受け入れてくれていたものではなかった。

ワタシにとってはそれが最も重要なことで、それがわからないとワタシは混乱してしまう。
混乱していても、彼は反応しない。
何事もなく何も知らず何も知ろうともしない・・・。
私の気持ちを知ろうともしなかったし、聞いてくることも無かった。

ワタシを直視することなく、後回しにされ、忘れ去られていく・・・。

もう・・・何を考えているのかが分からなくなってしまって、それだけがとても悲しく苦しくて・・・。
そして、怒りなんてもんじゃなく・・・孤独感で悲しみでいっぱいになってしまっていた。
そのことを何とか伝えようとしたのだけど、自分には分からないの一点張りで理解しようともしてもらえなかった。

ワタシなんか必要ないんだ・・・やっぱり・・・。

そしてワタシは放置され、ただ深く深く沈んでいった。
彼の目の前で、それは起こっていた。

こんな自分だから放ったらかされても仕方が無いんだ・・・って。
そのことをワタシは素直に受け入れていく。
何も見えなくなって、聞こえなくなって、身動きもとれず、ただ怯えるだけ。

それなのに、こんなにも彼を大切に思って必要としている自分は、いったいなんなんだろうか・・・?

だから自分に出来ることを探して彼に向き合い続けてきた。それでも応えようとはしてもらえなかった・・・。

あーワタシ・・・大切にされてないんや・・・。
大切にすることの強迫観念で、自分自身が彼に大切にされているか?ってことがスッポリと抜け落ちてしまってた。
そして、そのことを理解して自覚して、やっとワタシの意思がはっきりとした。

もう、やめよう・・・。
自分の為に生きてみようかな・・・。

そう思えたとき、体がすーっと楽になって行くのを感じていた。
ワタシ・・・なにしてたんやろ・・・。 ・・・って・・・。









  1. 2011/07/10(日) 01:27:23|
  2. 不思議な離婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新しい関係のはじまりのはじまり

昨日はなんかもー気持ちがいい感じに破壊されて放心で更新する気力がありませんでした。
だけど、身心共に久しぶりにドロドロに疲れて気持ち良かったです。

で、今日は離婚後、元パートナーとゆっくり話をすることが出来ました。
センターのリビングをお借りして色々な話をしました。

なぜ離婚したのか?
そのことについても、お互いが納得出来る理由を見つけることで、結果的にお互いにとってプラスに転じたことも確認しあうことが出来ました。
お互いが責め合うこともなく、笑いながらも真剣に向き合ってきた日々や、それぞれの生活のことや。
話は尽きることなく、時にはふたりして笑い泣きしながら、それでも離婚して良かったねーと言い合えたことで、それぞれが抱えてきた荷物が下ろせたような、とても切なくて、いとおしい時間を過ごすことが出来ました。

では、それなのに、何故?離婚?
と疑問に思われるでしょうね。

それは、お互いがパートナーとしては相応しくなれなかったから。
そのことがお互いを苦しめてしまっていたということを受け入れることが出来たから。
そして、それは離婚をしなければ永遠に気づくことがないまま、ただ苦しい生活が今も続いていたであろうことも。

相手を思うこと。
自分を思うこと。
そんな簡単なことがお互いに出来なくなっていました。
それが、どれだけ大切なことなのか・・・。
いつのまにか見失ってしまって、ただ疲れはてて・・・。
今になって、あの時こうしていればとかではなく、この時、たった今が大切なんだと理解して貰えたことで、ワタシはやっと彼に理解され受け入れて貰え、赦されたような気持ちになれました。

だけど、だからと言ってワタシのこれまでの全てを受け入れることは今も出来ない。
それが彼の正直な気持ち。
ワタシもそれでいいと思っている。
だから、もう一緒にいることが出来なくなったのだから。
でも、そのことをお互いが理解して尊重できることのほうが、これからのお互いの為には意味のあることだから。
全部が無理でも、部分的に繋がって、必要としあえる関係性を新たに見つけ出せた。
それだけで充分なんだと思える。

それから愛犬に会うためにわが家へ。
入った瞬間に「これはあかん・・・」と絶句されてました(笑)
想像以上に質素な暮らしぶりに衝撃を受けて凹んでしまって。
いつでも、愛犬に会いにおいでー。と言ったら遠いからイヤだとも言ってました(笑)

あーつかれたー。
今日はこれくらいにして、また明日。
彼の了承も得られたので、これからは私たちの不思議な離婚話も書いてみようと思います。

では、おやすみなさい。








  1. 2011/06/20(月) 00:32:53|
  2. 不思議な離婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

sozologod

Author:sozologod
『えつらんちゅーいー』

理由ナキ山行カクメイ
畢竟サバイバル

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (241)
ゼツボウ (46)
カウンセリング (4)
レターカウンセリングあのね (1)
日本家族再生センター (30)
DVD観賞 (17)
マスト (12)
意思の疎通 (8)
バセットハウンド (0)
孤独な当事者 (47)
映画観賞 (2)
超自慰 (47)
時間旅行 (11)
ラレツ (1)
廃棄物再生センター (18)
不思議な離婚 (3)
覚醒 (21)
ぞんび おんざ らん (11)
ホカホカ (4)
絶頂 (8)
いんですとらくてぃびりてぃ (9)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。