FC2ブログ

ゼツボウクラブ

しんどい人間なんです。 どこからきて、どこにいくのかな・・・?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

援助 支援 共生 共存 受容 共感

聖者の眠る街

スポンサーサイト
  1. 2011/04/25(月) 18:28:38|
  2. DVD観賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16歳の合衆国

16歳の少年が起こした殺人事件。
善とは?悪とは?
悲しみとは…?
少年の行動の意味や理由は、少年自身の世界で行われたことにより昇華する。
善が善を呼び、そして狂い出す。 それぞれの正当化された善行は次々に悲しみや苦しみを生み出してしまう。
ワタシには少年の世界が理解出来るだけに、そのどうしようもなさを、どうすることも出来ないものを、どうにかしたかっただけなんだと思った。だけど結局このどうしようともしない現実の世界ではこんな事件が無くなることはないのだろうな…とも思う。
  1. 2011/02/18(金) 14:16:56|
  2. DVD観賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第9地区

オープニングからツッコミどころ満載でゲラゲラ笑いながら観ました。南アフリカって便利に使われる舞台で、いつもヨロシクナイ扱われ方が気になるが…。ま、しかしエビって(笑)しかもエイリアンやのにスラムに染まって?!で、スラムにスラムができあがり!めでたしめでたし!?
いいえ。恐ろしいことがオコリマス。
あ~あんまり内容書きたくないし…。

で、感想は、エビちゃんたちに共感してしまいましたね(笑)
ニンゲンさまはイヤシイんですよね~。
ってトコロが内容として面白いトコロなんやけどね。

そしてラストシーンが爆笑で、しかもキュンキュンとしました。そしてエビちゃんたちをイトオシク思います。
次回作あるよなぁ~?
  1. 2010/09/02(木) 12:33:24|
  2. DVD観賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デッドマンウォーキング

…ショーン・ペン…。
カッコよ過ぎ(泣)
絶対に会いたくない人(笑)やけどね、思いっ切りカッコいい!
存在してるだけで暴力性と狂気が溢れ出して胸が悪くなる。でも、そんな危なさを感じさせる俳優は希少なのでオモシロくて仕方ないのなぁ~。

んで、映画の内容は…というとね、死刑囚とシスターのお話。
これも実話やった?

モンスターか人間か…。
凄くムズカシイ。
死刑について…マダ意思を持てないケド…ヒトがヒトを殺した罪と罰は愛でしかないのかな…っちゅうトコロで足踏みしています。
  1. 2010/07/13(火) 10:03:41|
  2. DVD観賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空気人形

業田良家の。

性の代用品の空気人形の女の子がココロを持ってしまうお話。
キャストも個性的で、日常生活に違和感のない空気感が心地良く、それぞれの孤独が繋がって、また何でもない新しい毎日が続いて行く…。
ココロを持ったりするのクルシイから、だって面倒いし余計に寂しさを思い知らされる…。

みんな、そうなんかなぁ…。

じゃぁ…やっぱりヒトリじゃぁないもんな…。
知られたくないから知らん顔してしまうのか…。

あと、『自虐の詩』もヨカッタでしたよ~♪
  1. 2010/07/13(火) 09:48:07|
  2. DVD観賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

sozologod

Author:sozologod
『えつらんちゅーいー』

理由ナキ山行カクメイ
畢竟サバイバル

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (241)
ゼツボウ (46)
カウンセリング (4)
レターカウンセリングあのね (1)
日本家族再生センター (30)
DVD観賞 (17)
マスト (12)
意思の疎通 (8)
バセットハウンド (0)
孤独な当事者 (47)
映画観賞 (2)
超自慰 (47)
時間旅行 (11)
ラレツ (1)
廃棄物再生センター (18)
不思議な離婚 (3)
覚醒 (21)
ぞんび おんざ らん (11)
ホカホカ (4)
絶頂 (8)
いんですとらくてぃびりてぃ (9)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。