FC2ブログ

ゼツボウクラブ

しんどい人間なんです。 どこからきて、どこにいくのかな・・・?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シズカナトキホドサワガシイ

さてとさてと

やーっと書く気になったワタシを捕まえてきました。
気がついたらもう六月もなかば。
いろーんなことがジミにありました。
前回の山行でぼわぼわしてから、ずっと過去の自分と現在の自分とを向き合わせて対話する作業をしておりました。
今では外見も生活も誰から見ても何の問題も無いように見えると思うし、現実的にそうで。
精神的にも肉体的にも安定していることは自分自身が一番良くわかってもいる。
まー、相変わらず手元不如意ですが、それでも何とか苦しまずに遊んでいます。

んでまー、どんな精神的な作業をしていたかというとですが。
オモに要するにインナーチャイルドちゃんとじっくりお話をするという作業と、
ひとかけらのワダカマリであった自分のルーツについてというところかな。

なんでこのタイミングか?
というのにも、ちゃんと理由があって。
要するに、それだけワタシが安定しているということと、
『しあわせ』というものをそのまま感じることが無意識的に出来るようになったから。
あとは自分との信頼関係が確実になったので。
まぁ、余裕がココロにも時間にも出来たってことだな。
自分がしたいことに対しては何の躊躇もしなくなったことはとても大きい。
現実を警戒せずに過ごせるなんて思いもしなかったことだからね。
ガチガチだった脳ミソも体も弛緩して抵抗がなくなった分、
柔軟に受け渡しが出来るので問題が起こりにくい。
というか、その場でぱぱぱと処理してしまえるので記憶にも残らない。
それは何かめっちゃラクチンだな。

と・・・いうことは。
それを見た過去のワタシは戸惑うわけです。

あれ???もしかしておまえなかったことにしてない???
いま、よかったら、おまえそれでええんか???
なんやおまえもあいつらとおんなじやんけ???

ってなことでインナーチャイルドちゃんの登場です。

で、ね。
具体的なことを書いたら長くなるしドン引きされるので
できるだけカイツマミます。

当時ワタシがまだ小学校の低学年生だったころの、感じることが出来なかった感情や、理解できなかった状況、言語化できなかった気持ちなどについて、ワタシがその子に丁寧に説明してあげるのです。
どんだけ痛くても苦しくても悲しくても、それをワタシは時間をかけてやるのです。
それはワタシにとってもその子にとっても、とても苦しい屈辱的でしかない事実です。
そんなことをなんで敢えてするのか?と。
そんなこと忘れてしまえ、と、言うのは簡単です。
でもね、その方が難しかったりするのが現実というものです。
忘れたつもりが、ふと影に追いかけられる。
それが不安の根源で、その状態を放置すると恐怖に成長します。
なので結局、コワくて自分から逃げ回るようにイキルコトになる。
生き辛さの正体です。
それが目の前に見えてるならもう逃げる意味も無い。

そうやって
ビニイリサイニワタッテ
イキツモドリツ
ジックリト

ワタシとその子と膝を突合せ、顔面の、体の、あらゆる穴からズルズルと怒りと悲しみを垂れ流し、
唸りつつ、言葉を交わしていくのです。
で、問題はなんだったのか?
その子はずっとそれまで全部自分が生まれてきたことがそもそもの何かの間違いで申し訳なく思い、
こんな自分だから当然の報いだと理解して納得していた。

おこらせないように、しっぱいしないように、みつからないように。
きえてなくなれたらいいのにな・・・
そしたらみんなをおこらせることがことがなくせるのにな・・・。

ニモカカワラズ・・・
あろうことかワタシからそれを覆されるのです。
それこそ、

もーええやん、そーゆーことでなっとくしとんねんこっちは。
なんやねんいまさら・・・どーせーっちゅうねん・・・!!!

と、今度はワタシに向いて怒りが湧き起こります。
その時にやっとその子は怒りと悲しみと苦しみと孤独と痛みを自分の言葉でそのままワタシにぶっつけることが出来るのです。
それを全部ワタシは真正面から受け止めます。

ごめんな、こわかったな、いたかったやろ、さみしかったよな、
ほんまごめんな、いままでなんもできんくてな、
ひとりでがんばらしてしもたな、でもな、もうええねんで
ワタシがおるやろ、ちゃんとみえてるやろ、
こっちにおいで。
ありがとうな。

って、ワタシの気持ちもその子にそのままに伝えるのです。
それからワタシとその子は
目を合わせ満面と笑い、ころげ、ぎゅっと抱き合い、
おおっきく息をひとつ吐き一緒にしあわせになる。
ふたりがとけあってひとりになる。


ワタシはワタシからはじまったんだもん。
ワタシはワタシのところへかえってくるんだもん。
だってさワタシがワタシのルーツだったんだもん。
もう、帰る場所はいらないんだもん。
逃げ場所も居場所も探さなくってもいいんだもん。

でもね。
これはひとりでできたんじゃないんだよ。
こんなおかしなワタシヲねかわいがってくれるひとたちがいてね。
そしたらワタシも安心してアマえるってことがやっとこさできるようになって。
そしたら躊躇なく笑えるようになって。
そうやってみんながしてくれたから
ワタシはみんながしてくれたことを、
うれしかったし
きもちよかったし
ワタシにもできるかもって。

んだらでけたもんね。

そしたらまたみんなのことがだいすきになった。

わたしもみんなも
きがちいさくててれやさんだから
うへうへわらいあうだけだけど

それがいい・・・

あのこそばゆいかんじもだいすきだな。










スポンサーサイト
  1. 2015/06/14(日) 23:54:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<せいしゅんははりのあな | ホーム | モジニデキナイコトガヤマニハヤマホドアルンダモン>>

コメント

>こんなおかしなワタシヲねかわいがってくれるひとたちがいてね。

あー、そなたをかわいがってくれる人たちも、ちょっとはおかしくて、そなたにかわいがってもらっているのかも、ですね。
  1. URL |
  2. 2015/06/18(木) 19:31:22 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし



> あー、そなたをかわいがってくれる人たちも、ちょっとはおかしくて、そなたにかわいがってもらっているのかも、ですね。

かわいがってくれるひとたちって、ちょっとひかえめにおかしいところがかわいいのですもの。おたがいさまですものね。かわいいのわ。かわいがりあいっこですわね。でござんしょ?
  1. URL |
  2. 2015/06/18(木) 23:33:14 |
  3. sozologod #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sozologod.blog123.fc2.com/tb.php/556-69e032aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sozologod

Author:sozologod
『えつらんちゅーいー』

理由ナキ山行カクメイ
畢竟サバイバル

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (241)
ゼツボウ (46)
カウンセリング (4)
レターカウンセリングあのね (1)
日本家族再生センター (30)
DVD観賞 (17)
マスト (12)
意思の疎通 (8)
バセットハウンド (0)
孤独な当事者 (47)
映画観賞 (2)
超自慰 (47)
時間旅行 (11)
ラレツ (1)
廃棄物再生センター (18)
不思議な離婚 (3)
覚醒 (21)
ぞんび おんざ らん (11)
ホカホカ (4)
絶頂 (8)
いんですとらくてぃびりてぃ (9)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。